借り換えのデメリット

続いて、借り換えサービスについてのデメリットをご説明します。
複数の借り入れを一本化することによって負担を軽減することができますが、借り換えをしたにも関わらず返済の遅延が発生したら、裁判上の調停交渉などの申し出が認められない場合があるので注意をしておかなくてはなりません。

なぜなら、借り換えサービスでの融資を引き受けた銀行や金融会社からすれば、契約前に提示した条件で返済ができることを前提として融資を行っているからです。常識的に考えて、返済ができなくなる可能性がある条件で借入を行うことはありません。融資を行った側からすれば、信頼をして融資をしたことになり、裁判所がそれを根拠として調停適格そのものを認めない恐れもあるからです。言い換えれば、裁判所が借主側である本人に当事者間の信義則を裏切るような意図があると判断をしたということになり、調停を認めない根拠となるのです。

もう一つのデメリットとしては、それまで借り入れていた複数の会社から受けていたサービスを一本化により受けられなくなることです。借り換えを行う前に、どのサービスが受けられなくなるのか確認をしておきましょう。
月々の返済が苦しいと感じているなら、サービスを犠牲にしても借り換えを行ったほうがメリットが大きい場合もあります。